インビザラインのメリット - 一宮市の歯医者 脇田歯科

インビザラインのメリット

目立ちにくい

マウスピース(アライナー)は透明な厚さ0.5mmの医療用プラスチック(ポリウレタン)素材で作られているため矯正中でも目立たず、周囲から治療中ということに気づかれにくい装置です。

特に社会人や学生など人前で話すこと多い方でも、口元を気にせず笑顔を見せながら矯正治療が進められます。



着脱が可能

取り外して装置を丸洗いできるので非常に衛生的です。



通院回数が少ない

通院していただく間隔は、治療のタイミングにより異なりますが、

短い場合は、1~3週後、通常は、8週後です。



痛みを抑えやすい

インビザラインは、アライナーというマウスピースを使用しており、食事中は外しますので、矯正装置で食事中に口腔内を傷つける心配がありません。

また、インビザラインは、マウスピース1枚ごとの歯の移動距離を0.25mm以内に抑えていますので、痛みが少ないのも特徴です。



その他のメリット

経過・結果が可視化されている

アイライン・テクノロジー社の3D治療計画ソフトで予測される歯牙の最終位置が示されるほか、おおよその治療期間を確認できます。

型をとるときに気持ち悪くない

インビザラインではiTeroという光学スキャナーでスキャンするだけなので、従来の矯正で行われる歯型取りはしません。どろどろの粘土状のものを流し込みつらい思いをして型取りをする必要はございません。



信頼性の高いシステムを使用

これまでに世界で1000万人が使用しています。口腔内をスキャンしたデータ・治療データをインターネット上に蓄積し、データ分析を機械学習することにより継続的な製品の改善を実現しています。

Page Top