よくある質問 - 一宮市の歯医者 脇田歯科

よくある質問

インビザライン(マウスピース矯正)の治療に関して、当院に多く寄せらせるご質問をFAQ形式でご紹介いたします。
質問をクリックすると回答をご確認いただけます。

治療前によくあるご質問

A. 現在、インビザラインで矯正治療を受けられている方の平均期間は、1.5~2.5年程度です。
一度、無料相談で来院いただき、お口の中を拝見させていただければ、ある程度の期間は予測できます。

A. インビザラインでの矯正治療は、基本的には全顎矯正(すべての歯の矯正)です。
動かす歯の本数で料金が決まっているわけではございませんので、すべての歯を動かしても部分的に4本動かしても料金は変わりません。

A. 小臼歯抜歯など抜歯矯正も可能です。
また、他院では抜歯が必要だと言われても、歯抜かずに治せることがありますので、お気軽にご相談下さい。

A. 嚙み合わせを治療可能です。咬み合わせを改善するために歯の移動を行った結果、歯並びが良くなる(見栄えが良くなる)とういのが矯正治療の一般的な考え方だと思って下さい。

A. 矮小歯と呼ばれる、歯の形成不全が原因のすきっ歯だと思われます。この場合は、歯の形から修正する必要がありますので、矯正後にセラミック修復を行うことにより、解決できる場合が多いです。

A. インプラントの部分は矯正治療で動かすことができませんので、その他の歯の移動により、できる範囲の矯正を行います。

A. はい、治療できる場合が多いです。八重歯は日本人にとても多い歯列不正のタイプです。

A. 親知らずを抜く必要がある場合が多いのは事実ですが、親知らずを抜く必要があるかどうかは、矯正前の検査・診断で判断させていただいております。必ずしも抜いてから来院される必要はございません。

A. 歯周病が安定している場合はインビザラインでの治療は可能です。
歯周病は、矯正治療をする上でとても注意が必要です。 歯を支える骨が弱っていたり、骨自体が痩せて細くなっていたりして、矯正治療できない場合があります。

治療中によくあるご質問

A. はい、可能です。ですが、3つほど注意していただききたいことがあります。
①現在治療を受けている医院に、治療を中止することを伝えて下さい。
②現在付けているワイヤー、金具を取り外してもらって下さい。
(無理であれば、当院でご対応いたします。別途料金がかかります)
③費用は通常どうりの金額です。途中からということでの割引はございません。 また、現在通われている医院からも治療費の返金は受けられないと思いますのでご了承ください。

A. 来院頻度は、平均して2ヵ月に1回程度です。

A. インビザラインは矯正装置です。継続して装着することにより、矯正力が働く構造になっています。 1日20時間以上の装着が必要です。食事と歯磨きの時以外は、装着する必要があります。

料金についてのご質問

A. 初回は、無料相談を行なっておりますので、費用のご負担はありません。

A. 20歳以上の方は、提携ローンの申込可能です。審査はあります。

A. はい、可能です。
現金・クレジットカード・提携ローンの併用可能です。

その他のご質問

A. 骨格、歯並びの状態、歯の形などの条件により治療方法が変わりますが、通常、大きな問題が無ければ、インビザラインでの矯正をおすすめしております。
セラミック矯正は、短期間で治療が終わるのがメリットですが、健康な歯を大量に削るというデメリットがございます。場合によっては、歯を抜いてブリッジにすることもございます。
インビザラインでは、年単位の治療期間が必要になってきますが、健康な歯を大量に削る必要がありません。治療期間の制約がなければ、予防歯科の観点から、インビザライン矯正をお勧めいたします。

A. どちらでもかまいません。矯正前の診断で、虫歯などが見つかった場合、当院でも虫歯治療を受けていただけます(健康保険適応)。こちらは、総合歯科ですので、歯並び以外でお困りのこともご対応させていただきます。

Page Top