2015年1月の記事の一覧 一宮市の歯医者 脇田歯科

2015年1月の記事一覧

残存歯の負担の少ない入れ歯

更新日:2015/01/16

こんにちは。歯周病と虫歯の予防を重視する、一宮市の歯医者「脇田歯科」脇田成典です。

入れ歯安定剤のテレビ・コマーシャルの中で、「部分入れ歯を使用すると、入れ歯がかかる残存歯の寿命が半減する」という趣旨のコメントが流れていますが、残存歯を守るための入れ歯があることを御存知でしょうか?

それは、九州歯科大学名誉教授の横田誠先生が提唱されています「ぺリオ・デンチャー」という入れ歯です。歯の松葉つえと例えられる入れ歯で、進行した歯周病にかかり、ぐらつきがあり、ぐらついているがために、さらに無理な力が二次的に加わり、さらに歯の動揺(歯のぐらつき)が増加してしまうことを防ぎ、歯周病罹患歯を守るための入れ歯です。

「ぺリオ・デンチャー」は、歯の欠損がない状態でも使用する入れ歯ですが、歯の欠損に対し欠損を補う目的で、歯を守る「ぺリオ・デンチャー」の考え方を取り入れた入れ歯を製作することにより、従来型の入れ歯と比較し、残存歯の負担が少ない入れ歯を製作することが可能なのです。

歯の欠損が生じないように、虫歯や歯周病の予防を継続することが最も重要ですが、不幸にして歯の欠損が発生してしまったときには、ほとんどの場合において、適切に欠損を補うならば、欠損を放置するよりも、欠損を補う方が残存歯を守りやすいことを忘れないでいただきたいです。歯の欠損が発生するたびに、インプラントを入れ続けることができれば、理想的な欠損対応策になるかもしれませんが、インプラントを入れ続けることを望んでも、歯槽骨の状態や全身状態によっては、できない場合もありますし、インプラントを入れ続けることを望まない場合もありますので、残存歯の負担が少ない適切な部分入れ歯を使用していくことも、非常に重要なことです。

虫歯や歯周病を予防できていても、歯が少なくなれば少なくなるほど、残存歯にかかる力の影響により、残存歯にトラブルが発生する可能性が高まりますので、早めに、適切な欠損補綴を行うことをお勧め致します。

 

CO 要観察歯 について

更新日:2015/01/07

こんにちは。歯周病と虫歯の予防を重視する、一宮市の歯医者「脇田歯科」脇田成典です。

虫歯は止まります。虫歯の診断が出ても長期間虫歯の進行が停止していることは珍しくありません。虫歯が進行することの方が普通ではないとも言えます。虫歯が進行するには、生活習慣の乱れ、抵抗力の低下など、それなりの原因があるはずです。ですから、虫歯という診断が出ても、比較的早い段階の虫歯であれば、CO(要観察歯)として、予防的な手当のみ行いながら、経過をみていくことが大切です。削ってしまったら元には戻りませんから・・・

歯医者に行かなくても虫歯は予防できます

更新日:2015/01/06

こんにちは。歯周病と虫歯の予防を重視する、一宮市の歯医者「脇田歯科」脇田成典です。

 

歯医者に行かなくても、虫歯はご自身で予防できます。

虫歯が発生するまえなら予防できます。 

初期う蝕と呼ばれる段階でも、高確率で虫歯は予防できます。

 

フッ化物洗口専用剤による「フッ化物洗口」を毎日行い、

高糖度の食品の摂取を制限し、

飲食の間隔をあけ、再石灰化しやすい環境を整えることで、

歯医者に行かなくても、虫歯を予防することが可能です。

木曜日限定の方の予約について

更新日:2015/01/05

脇田歯科では、来院可能な曜日が木曜日のみの方は、診療開始後の行き違いを防ぐため、受付させて頂いていません。

下記のことなどもあり、診療が円滑に進行しにくいからです。

一つの理由は、提携病院の大雄会病院口腔外科が予約受付していない曜日であることです。

一つの理由は、木曜日休診の歯医者さんが多いためか、こちらの診療方針が御自身の御希望に合わないと知りつつ無理して来院され、診療開始後に行き違いが生じる方があることです。

新年の御挨拶

更新日:2015/01/01

歯周病と虫歯の予防を重視する、一宮市の歯医者「脇田歯科」脇田成典です。

新しい年を迎えました。今年もよろしくお願い致します。