2014年8月の記事の一覧 一宮市の歯医者 脇田歯科

2014年8月の記事一覧

歯列矯正を一宮市でお考えの方へ

更新日:2014/08/28

一宮市で開院26年目を迎えた脇田歯科では、予防歯科を設けていることでもお分かりいただけるように、歯周病の予防・虫歯の予防を第一に考えます。

それは、歯列矯正で治療を行う患者さんの場合も例外ではありません。 歯列矯正に使われる矯正装置には、ブラケット・ワイヤーと呼ばれる最も一般的に使用されている歯列矯正方法があります。 この方法は、歯にブラケットと言う装置を付けるために、あまり見栄えはよくありません。

そのため、若い女性の場合、人の目を気にされて歯列矯正を躊躇されたりすることもあるようです。 また、目立たないようにするために、裏側にブラケット・ワイヤーにつける方法もありますが、いずれにしても、ブラケット・ワイヤーは歯周病や虫歯になりやすいという欠点があります。

ブラケットを付けたままでは十分な歯磨きを行うことが難しく、よほど気を付けて歯の隅々まで歯磨きしなければ、虫歯になる可能性は高まるでしょう。

そこで、脇田歯科で歯列矯正の装置として取り入れているのが、マウスピース(クリアアライナー)です。 このクリアアライナーによる歯列矯正は、まず透明な矯正装置であるため、あまり目立つことなく装着が可能だということです。 このクリアアライナーを交換することで、目標とする歯列に整えていきます。

さらに、大きな特徴としてインビザラインなどのクリアアライナーはご自身で取り外しが可能ですので、歯磨きの際、矯正装置を外して丁寧な歯磨きを行うことができます。 そして、歯列矯正中も常に虫歯や歯肉炎には注意を払い、万が一歯列矯正中に虫歯や歯肉炎が見つかった場合は、当歯科で治療を行います。

脇田歯科では、初めて脇田歯科での歯科診療を受けるための問診・検査を、第1回目に行っております。 その後、第2回目の説明・相談を経て、第3回目以降が治療・処置となります。 口腔のすべてを把握したうえでの治療開始となりますので、ご理解ください。

一宮市で、歯列矯正をお考えの方、脇田歯科のクリアアライナーによる歯列矯正をご検討されてはいかがでしょうか。

 

 

差し歯治療は一宮市の脇田歯科にご相談ください。

更新日:2014/08/06

脇田歯科は、一宮市に開院して以来26年にわたり、一宮市の住民の皆様、あるいは地域を超えて、多くの患者さんの口腔の治療を行ってきました。 特に、脇田歯科の特色としては、予防歯科に力を入れ、虫歯にならないための診療・歯周病にならないための診療を行っている歯医者です。

それでも歯医者の役目は、まず虫歯治療と考える方が多いのも当然です。 当歯科では、虫歯の場合でも、なるべく削らない、そして神経を抜かないことを考えて治療を行いますが、歯質のダメージが大きい場合は、差し歯による修復が必要な場合もあります。

抜かないためには虫歯にならない、虫歯にならないためにはしっかりとした予防、この一言に尽きるのですが、実際には痛みが起こらないと手を尽くさない方が多いことも現実でしょう。

万が一、歯質のダメージが大きい場合は、差し歯治療を行うことがあります。 もちろん虫歯の進み具合によって、歯の根の部分の状態にもよりますが、健全な歯の根っこが一定以上残っていれば、差し歯治療が可能です。 残っている歯の根に人工的に作られた歯の土台を入れて、その上に人工的に作られた歯の部分を取り付けることになります。

この歯は、プラスティックであったり、セラミックであったり、素材によって差し歯治療にかかる費用も大きく変わってきます。 差し歯治療の場合、歯は土台に付いたままですので、日常のメンテナンスは自分の歯と同じように扱います。 つまり入れ歯のように取り外して洗浄することはありませんので、ケアは比較的楽だとおもいます。

ただし、楽といっても、楽だからこそ日常のブラッシングが重要です。 差し歯治療の後、数年たち、ケアを怠ったために虫歯が再発し、来院される方もいらっしゃいます。 差し歯治療後は、それまで以上の虫歯予防・歯周病予防を心がけてほしいと思います。

差し歯治療は、一宮市の脇田歯科にご相談ください。